新国立競技場の建設の責任は民主党にあり。

国会などで民主党が安倍総理や下村文部科学大臣に文句を言っているのを聞くと非常に不愉快に感じます。

なぜか…。そもそもあの新国立競技場の建設計画は民主党が作ったものを自民党が受け継いでやっているものです。共産党や維新の党などが批判を始めるならともかく自分達の失敗を自民党に押し付けているそんな民主党の姿には非常に違和感を感じますし、何を考えているんだと思ってしまうのは私だけではないのではないでしょうか?

安倍総理もいっていますが、コンペを開いてザハ氏の案にすると決めたのは民主党なのです。

それなのにも関わらず、変えれたはずだと民主党枝野氏は言います。しかも、こともあろうか安保関連法案を持ちだして憲法解釈は変えるのに、民主党政権の案を変えれないのかと煽っています。

変えれなかったのか、ゴーサインを出したのは安倍総理だと喚く前に、民主党は謝るべきです。

予算が膨らむ無茶苦茶な物を採用したのは自民党安倍政権ではなく、民主党政権なのです。

予算が膨らむ案を採用してしまって申し訳ありません、我々も気づくことが出来ませんでした。

大変お手数ですが、なるべく早く新国立競技場を作れるように努力して下さい。我々も協力いたします。それが正しい姿ではないのか?民主党政権はなんでもかんでも人のせいにして喚くわがままな小学生と変わらない。いや、そういうと小学生に失礼なくらいである。
カードローン審査

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする

GDPで毎年分析となる事柄

GDPの話題になると、中国がアメリカを追い抜くのかどうかというところ、が毎年分析になっていくでしょう。国の経済力だけの問題ではありませんが、まずそれです。

中国の2015年4~6月期は、7.0%成長で横ばいとのことですが、伸びるスピードが他国よりも明らかです。とはいえ、経済事情に詳しい専門家によると、2020年代では1位にはならないようです。経済成長率が低下し、アメリカと併行して成長するから追い越せないという見解です。一方、とある調査会社によると、2024年と言っています。中国の夢が破れるか、それとも追い抜くのか、というところですが、2024年とすれば、あと9年です。それほど遠くありません。

その9年の間にどれだけ成長率を記録できるのか、にかかっています。仮に中国が世界1位になったら、すっかり国際事情が変化しています。現在では考えられないような世界情勢になっているのかもしれません。

で、日本にとってそれは押すべきなのかどうかです。昨年には、中国全土各地で、反日デモが各地で起きました。中国から日本には可能なようですが、日本から中国には行けなくなるのではないか。そのところが日本にとってはマイナスポイントになるでしょう。
カードローン審査の項目と勤続年数について

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする

新国立競技場の建設問題について

ニュースを見ていると、今日もまた「新国立競技場」の建設問題が取り上げられていますね。総工費が2500億円にも上ることが判明してからというものの、世論を巻き込んだ議論が連日なされています。それを受けて、つい先日も安倍首相が建設計画の見直しを宣言しました。世論は、おおむね首相の決断を支持している模様です。「コンパクト五輪」と宣伝しておきながら、この体たらくなのですから、当然の反応と言えるかもしれません。

しかし、私は、ザハ・ハディドの「オリジナル案」を結構気に入っていました。なんだかSF映画にでも登場しそうな造形で、未来感があって格好良かったじゃないですか。コンペ終了後の世論でも概ね好評だったと記憶しています。しかし、現行案のデザインはどうでしょう…。ザハのオリジナル案をもとに日本の設計チームが改良を加えたものが現行案なのですが、ザハのオリジナル案とは似ても似つかない、まったくの別案のようになっています。現行案が日本人に嫌われるのは当たり前かもしれません。しかし、その現行案が破棄された今だからこそ、ザハのオリジナル案をもう一度見直すべきではないでしょうか。ところが、政府ときたら、「新たにコンペをやり直す」なとど述べています…。

今から新たに設計し直して、東京オリンピックに間に合うのでしょうか?政治家は十分間に合うと強気なようですが、twitterでプロの建築家たちのツイートを覗いてみると、難しいとの意見が目立ちます。良い競技場を建てようとするなら時間が足りないし、時間を間に合わせようとするならロクな建築はできないだろうとのことなのです。新国立競技場はいったいどうなってしまうのか…。2020年、日本が世界に向けて恥をかかなければいいのですが…。プロミス審査

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする

困ったときに頼りになる!?

消費者金融といえば、一昔前はグレーゾーン金利などでも取り上げられたように、簡単に借りられる代わりに金利が高い、というイメージがつきまとっていたかと思います。

 

しかし今はグレーゾーン金利の撤廃、総量規制とよばれる貸付の規制などで、かなりクリーンなイメージになったのではないでしょうか。プロミスも三井住友フィナンシャルグループの完全子会社であり、三井住友、と聞くだけでも信頼できるかな、と考えてしまいますよね。
なんだか危ない怪しげなところから借りるよりもこういうバックボーンのしっかりしたところなら信頼できるというものです。
まともに働いている方ならば審査もすんなり通りますし、入金も最短で即日なので、急な出費で困った際などにはとても頼りになると思います。
ただし、やはりお金を借りている、ということはゆめゆめお忘れなく!調子に乗ってどんどん借りていると、大変な思いをするのは結局借りた本人です。TVのCMでもよく耳にしますが…ご利用は計画的に!

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする

便利でスピーディーなプロミスの審査

予定外の急な出費で給料前だとしたら、ピンチなんて時もありますよね。親に借りようにも遠い所に住んでいたら、借りることは出来ないです。銀行で借りるとしても、銀行まで出向いていって、時間がないのに手続きに手間がかかりそうなイメージはあります。

 

急ぎの場合は手続きが簡単な方が助かります。その点プロミスなら手続きが簡単で素早く、手続きができて便利です。インターネットでの申し込みもできるので、家に居ながら手続きすることも可能です。しかも審査が通ればその日に融資を受けられるので、本当に早いです。

 

どれくらいの金額を借りて返済の期間はどうするか、ということも忘れてはいけない大切なことです。借りすぎてしまっては、返済する時も大変になってしまう可能性もあるので、上手に利用することが大切です。

 

お金を借りるということは返済の計画をしっかり立ててから、借りるようにしたいですね。1回カードの手続きをしておけば、いざという時は安心です。

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする

とても親切で助かりました。

プロミスを選んだ理由として、30日間無利息って言うのに惹かれてしまいました。

 

とっさに必要になったお金ですが、一ヶ月後には返せるあてがあったので無利息だったら、20万借りても20万返すだけなので私にとってはとてもお得なんじゃないかと思いました。

 

そして、審査もすんなりと通ったので無事に20万円お借りして次の月の給料日には全額返せました。
ちょうどボーナスだったので、それも計算して借りたのですが…
半信半疑でしたが、本当にピッタリ20万だけの返済だったのでありがたいなって思いました。

 

審査もスピーディーですし、そういったキャンペーン的なこともしているようですし、硫黄も親切で申し分なかったです。
オペレーターも女性なので、相談もしやすい感じがとてもよかったです。
やはり、男性の人だとちょっと言葉に詰まってしまったり威圧感もたくさんありますよね。

 

そういったところでも、気をつけてくれているのかなって気がします。
返済日もある程度なら選べて返済できるので、給料日より1日ずらすなど調節できてすごくありがたかったです。

カテゴリー: カードローンの口コミ | コメントする