Monthly Archives: 10月 2015

GDPで毎年分析となる事柄

GDPの話題になると、中国がアメリカを追い抜くのかどうかというところ、が毎年分析になっていくでしょう。国の経済力だけの問題ではありませんが、まずそれです。

中国の2015年4~6月期は、7.0%成長で横ばいとのことですが、伸びるスピードが他国よりも明らかです。とはいえ、経済事情に詳しい専門家によると、2020年代では1位にはならないようです。経済成長率が低下し、アメリカと併行して成長するから追い越せないという見解です。一方、とある調査会社によると、2024年と言っています。中国の夢が破れるか、それとも追い抜くのか、というところですが、2024年とすれば、あと9年です。それほど遠くありません。

その9年の間にどれだけ成長率を記録できるのか、にかかっています。仮に中国が世界1位になったら、すっかり国際事情が変化しています。現在では考えられないような世界情勢になっているのかもしれません。

で、日本にとってそれは押すべきなのかどうかです。昨年には、中国全土各地で、反日デモが各地で起きました。中国から日本には可能なようですが、日本から中国には行けなくなるのではないか。そのところが日本にとってはマイナスポイントになるでしょう。
カードローン審査の項目と勤続年数について

新国立競技場の建設問題について

ニュースを見ていると、今日もまた「新国立競技場」の建設問題が取り上げられていますね。総工費が2500億円にも上ることが判明してからというものの、世論を巻き込んだ議論が連日なされています。それを受けて、つい先日も安倍首相が建設計画の見直しを宣言しました。世論は、おおむね首相の決断を支持している模様です。「コンパクト五輪」と宣伝しておきながら、この体たらくなのですから、当然の反応と言えるかもしれません。

しかし、私は、ザハ・ハディドの「オリジナル案」を結構気に入っていました。なんだかSF映画にでも登場しそうな造形で、未来感があって格好良かったじゃないですか。コンペ終了後の世論でも概ね好評だったと記憶しています。しかし、現行案のデザインはどうでしょう…。ザハのオリジナル案をもとに日本の設計チームが改良を加えたものが現行案なのですが、ザハのオリジナル案とは似ても似つかない、まったくの別案のようになっています。現行案が日本人に嫌われるのは当たり前かもしれません。しかし、その現行案が破棄された今だからこそ、ザハのオリジナル案をもう一度見直すべきではないでしょうか。ところが、政府ときたら、「新たにコンペをやり直す」なとど述べています…。

今から新たに設計し直して、東京オリンピックに間に合うのでしょうか?政治家は十分間に合うと強気なようですが、twitterでプロの建築家たちのツイートを覗いてみると、難しいとの意見が目立ちます。良い競技場を建てようとするなら時間が足りないし、時間を間に合わせようとするならロクな建築はできないだろうとのことなのです。新国立競技場はいったいどうなってしまうのか…。2020年、日本が世界に向けて恥をかかなければいいのですが…。プロミス審査