GDPで毎年分析となる事柄

GDPの話題になると、中国がアメリカを追い抜くのかどうかというところ、が毎年分析になっていくでしょう。国の経済力だけの問題ではありませんが、まずそれです。

中国の2015年4~6月期は、7.0%成長で横ばいとのことですが、伸びるスピードが他国よりも明らかです。とはいえ、経済事情に詳しい専門家によると、2020年代では1位にはならないようです。経済成長率が低下し、アメリカと併行して成長するから追い越せないという見解です。一方、とある調査会社によると、2024年と言っています。中国の夢が破れるか、それとも追い抜くのか、というところですが、2024年とすれば、あと9年です。それほど遠くありません。

その9年の間にどれだけ成長率を記録できるのか、にかかっています。仮に中国が世界1位になったら、すっかり国際事情が変化しています。現在では考えられないような世界情勢になっているのかもしれません。

で、日本にとってそれは押すべきなのかどうかです。昨年には、中国全土各地で、反日デモが各地で起きました。中国から日本には可能なようですが、日本から中国には行けなくなるのではないか。そのところが日本にとってはマイナスポイントになるでしょう。
カードローン審査の項目と勤続年数について

カテゴリー: カードローンの口コミ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です